痛みの少ない全身脱毛ナビ

当サイトでは麻酔や保湿といった全身脱毛の痛みを軽減する方法など、痛みの少ない全身脱毛についての情報をご紹介しています

痛みの少ない全身脱毛ナビ

脱毛が痛いと言われる理由

女性でも男性でも持っている共通のイメージとして、脱毛は痛い、というものがあります。しかし、何故痛いかと聞かれたら、何となく上手く説明できない方も多いでしょう。その理由としては、言ってしまえば昔からの固定概念的な部分が強いと思われます。

というのも、一昔前は脱毛と言えばニードル脱毛と呼ばれるものでした。これは、肌にある毛穴にチクリと針を刺し、そこから弱めの電気を流して毛を殺すという方法。もはや痛いのは実際に体験せずとも分かるはずです。しかし、今ではニードル脱毛はほぼ使われていません。

今主流となっているのは、クリニックによる医療レーザーの脱毛と、サロンによる光脱毛の2種類です。この2種類の中でも医療レーザーによる脱毛のほうはレーザーによる光が強く、機器などにもよりますが強い痛みを伴うことがあります。そのためクリニックで脱毛を行う場合は、今でも痛いものと言う認識で間違いないでしょう。とは言え、ニードル脱毛と比べれば痛みはかなり軽減されています。

これに対してサロンによる光脱毛であれば痛みは少なめ。機器によってはほぼ無痛と言われているのです。脱毛は痛いものというイメージがなくなるまでには、もう少し技術の進歩が必要そうですが、痛みが徐々に少なくなっているのは事実です。数十年後には脱毛が痛いと言われない日がくるかもしれません。ちなみに、自宅で行うムダ毛を粘着テープで一気に剥がす方法。このイメージも強く、脱毛は痛いものという認識なのでしょう。