痛みの少ない全身脱毛ナビ

当サイトでは麻酔や保湿といった全身脱毛の痛みを軽減する方法など、痛みの少ない全身脱毛についての情報をご紹介しています

痛みの少ない全身脱毛ナビ

光脱毛(IPL方式)の痛み

インテンス・パルス・ライト、通称IPL方式という光脱毛の方法をご存知でしょうか。これは、メラニン色素に光を当てることで脱毛するという、日本で初めて紹介された方式でもあります。今でも一般的に使われることの多いIPL方式ですが、その痛みはどのようなものなのでしょう。

そもそも、脱毛方法には大きく分けてニードル脱毛、医療レーザー脱毛、光脱毛の3種類が用意されています。この中で最も痛みが弱いとされるのが、光脱毛です。そんな光脱毛にもSSC方式とIPL方式があり、痛みについてはSSC方式の方が優秀。SSCはほぼ無痛と言われるのに対し、IPLは輪ゴムでパッチンされたくらいの痛みとされています。 想像してみると、耐えられないほどではないが、日常的にやってくると怖いくらいの痛み。脱毛をするぞ、と意気込んだ状態ならそんなに辛くも無いでしょう。

ここで、痛みが少ない分SSCの方が良いかと言われれば、そうではありません。やはりSSCの方が痛みが少ない分、実際の効果も薄めです。逆に痛みが強めな分、IPLの方が効果が大きいとされています。ただ、これは使用する脱毛器などによって変化してくるので、全てにこの法則が当てはまるわけではありません。

このように、IPL方式は数ある脱毛方法の中でも痛みが弱めな部類です。痛みが怖くて全身脱毛を躊躇している方は、こちらの脱毛方法を選ぶのもありでしょう。医療レーザーと比較して光が弱めなので、トラブルも比較的少なめです。